3月のライオン後編

上映終了が迫っていたので早く観に行かなくちゃ!と
レディースデーということで張り切って行ってきました。
MOVIXだと9時からなので、早いじゃん(;´Д`)と諦めて
浦和パルコだと15時からのがあって、よしこれだ!と
遠いけど浦和まで行きました。パルコ自体久しぶりで、昔
ペ・ドゥナの「空気人形」を観に行ったことを思い出しました(笑)

で、肝心の3月のライオンの後編ね。ひなちゃんのイジメとか
家を出たお父さん登場!とか、いろんなシーンで神木くんの自然体な
演技が光ってましたね。伊勢谷友介がお父さんって!ちょっとびっくり。
いつからそんな老け役するようになっちゃったの。元がイケメンだけに
チョイ悪オヤジが良く似合ってたけどね(笑)

この映画、絶対続編がある気がするなあ。零があと何年かして、大人に
なってからの。あの思わせぶりな終わり方もねぇ。
あ、そうなるとセンセイ役の高橋一生さんの出番がなくなっちゃう?(笑)
ま、映画もそれ目的だったんだけどね(*^-^*)

零の部屋から見える川の景色がなんだかすごく良くて、下町情緒溢れる
というか、カーテンしなくて正解!みたいな。ああいうところにも1回くらい
住んでみたかったなあ。うう、人生やり残したことが沢山あるよ(;´Д`)

パルコまで来たので、ねんりん家のバームクーヘンを買って帰りました。
先週からスイーツ祭りですかっていうくらい毎日甘いものを食べている私。
少し控えなければ。。。(;´∀`)
スポンサーサイト

3月のライオン前編

メッチャ久しぶりに映画館に行って映画を観てきました。
本当は先週行くはずだったのに、さあ出掛けよう!と家を出たのだけど
なんと、車のタイヤがパンクしていたという(;´∀`)
もう、晩御飯もコクーンで済まそうと思ってたのに、超ガッカリ。。。

で、パンクも直ったし(って結局新しいタイヤを買ったので大損失(;´Д`)))
気を取り直して行ってきました。どうせ空いてるから当日チケット買えるでしょと
思って予約もせずに行ったんだけど、今って、当日券もタッチパネルの操作で
チケット買うシステムなのね、ちょっとびっくり(@_@;)
一緒に行ったダンナは他の映画を観たので、同じだったら安かったのに残念。

3月のライオン、アニメとかも見てなかったので詳しいストーリーは知らない
まま観ました。将棋の世界の話だけではなくて、人情もの、なのね。
みなさん割と演技派の俳優さんが多くて、違和感なく観ることができました。
後編が楽しみ~って感じで帰ってきました。銀だこのたこ焼きを買って、
家でビールと一緒に食べました~♫

旦那と一緒に映画館に行ったのって何年ぶりだろうか。もう思い出せないな。
趣味が合わないので同じ映画が観れないのは残念だな(笑)

さっき何気に、いつから映画観てないのかな?とブログの「映画」カテゴリ
みたら、2014年が最後で2015,2016年がなかった。うっそー(@_@;)

あれ、この前「シン・ゴジラ」借りてきて観たし。そうか、ブログに書くのを
忘れてたか。他に何か観てなかった?ハードディスクに入ってたの観たよ。
何だっけ。ああ、思い出せない。「耳をすませば」は観た。それだけじゃない
ような。うーん、前より映画愛がなくなっちゃったかなあ。香港映画大好き
だったのになあ。なんか年取ったみたいで悲しい。

「新しい靴を買わなくちゃ」

向井理くんの映画をロクに観たことがなかったので観てみました。
北川悦吏子さんが脚本と監督って。。。やっぱり少し90年代ぽくて悪く言えば
古い感覚というかこれが90年代だったら少しはウケた?って感じ?(そこ狙った?)

パリ好きな人にはいいかも。パリをお散歩しているようで、それはそれで
楽しめたんだな。でもねー、なんだろう、中山美穂、無理しすぎっていうか。。
自然体ふうに演技しているんだろうけど、少しオーバーな感じも若干しないでもない。
前に観た「サヨナライツカ」も痛々しいだけで、なんか可哀想に思えてしまったし。
なんだろうね、彼女も色々私生活でお騒がせだからかなー。
顔に疲れてる感が出ちゃってたりするんだけど、気のせいかしら。

大体ね、あれは向井理君だから、あーなったのよ。
パリ在住の年上女と旅行者の年下イケメンの出会い。
人生あんな偶然な出会いはそうそうないだろうよっ!(ってか、皆無。) 
だから映画で味わうのか?って話ね。

淡々と終わっちゃいまして、一切のドロドロ感なしのオシャレな作りに
なっていました。桐谷美玲ちゃんと綾野剛くんも出てます。

同じことの繰り返しの地味地味生活を送っている私としては、
まあ目の保養になったかな、っていう映画でした。
暇つぶしにちょうどいいかなって感じ?

上から目線で失礼しました(;´∀`)

「謝罪の王様」

久しぶりに映画を観に行きました!!
ホントは都内に遊びに行こうと思ってたのですが、生憎の雨で。。
レディースデーだし、MOVIXでいいかっ!と。

そうそう、ご心配頂きました「手足口病」。
全然大丈夫でした。というのも、なんか、あのテキトーな医者の
せいで気を揉んだだけで、結局手足口病の症状が出ることなく終わりまして。
ただ手と足の湿疹でした。。

金曜は休んだけど、月曜から出勤しました。
朝メールチェックしたら、まあどっさりきてはいたけれど。。
上司からのメールが私のグループに回っていて、
「〇〇さん(私)、手足口病です」
もう。。恥ずかしいの一言だなあ。。

で、こんなドタバタがありつつ、仕事も忙しく、つまらない日々が続いていたので
なんかコメディの気分だったんだよね。

前置きが長くなりましたが。

映画は、いろんな伏線がちりばめられていて、良くできてました。
計算されて作ってるなあって感じだけど。それが普通か。。

単純に「ふふっ」っていう面白さです。
みんな個性的なキャラで、一人も普通の人が出てこなかった
よくある感じだったけど(笑) 三谷幸喜のとはまた違うのよね。
三谷幸喜よりこっちのほうが好きかなあ。クドカンのほうね

人に変わって謝罪することを仕事にしてるって話なんだけど。
人って、なかなか謝ることが出来ないからね。それは年とともにそうなって
いくような気がする。性格とかじゃなくて。なんだろうねぇ。。プライドかな?
会社でも自分が悪いのに全然謝らない人いるもんねっ。ふん"(-""-)"

…それは置いといて。。

マンタン王国の設定が面白かったな。
松雪泰子とか、あの路線でいけばいいのに。絶対適役だと思う(笑)

息抜きしたい人、おすすめです。是非。
そうそう、竹之内豊がかっこよかったです。
彼は、いつまでもセクシーだな(*^▽^*)

友人にも久しぶりに会えて良かったです。
やっぱり気の合う友人と話をするだけでストレス発散できる~と実感。

帰りにエキュートで何気に買ったスコーンがすごく美味しかったです。
レンジで50秒温めて、真ん中で割って、この間買って残っていた
中沢クロテッドのクリームをのせて、更にホットケーキのシロップかけて
食べたら。。。激うまーーーー(*^▽^*)
また買っちゃおっと♫

「KOTOKO」

Coccoが主演の映画で、WOWOWで録画しといたものをやっと観ました。

Coccoの歌は、どことなくフェイ・ウォン風で、ちゃんとCDとかは買った
ことなかったけど、声とか雰囲気が好きだったのでコンサートとか一度くらい
行っておけば良かったなー、って思ってたのです。

こんな内容の映画とも知らず。。。
見始めて、数秒でこれはヤバイと思ってしまいました。

久しぶりに心に"ずしーん"ときてしまうタイプの映画でしたね。
一言では形容し難い、うーん。。。もう、ドキュメンタリーなんだか
演技してるんだかわからなくなるくらい、壊れた姿のCoccoが痛々しかった。。。

ネタバレ注意です。

もしかしてこれは統合失調症?とネットで調べちゃいました。
メンヘラってコトバ、初めて知りました。
なんか、昔見た映画を思い出してしまった。そう「ベティ・ブルー」。
彼女とタイプが似てるような?狂気さとしてはベティ・ブルーのほうが
インパクトあったけど。

話は戻り、Coccoは拒食症やリストカットで有名だけど、そのまま
映画でも再現されてて、あのガリガリの身体と、リアルなリストカットシーン、
血だらけの手首とかが、もう観ていて辛いです。
暴力シーンや、妄想シーンも満載で、本当にヤバイです。

あのカメラのブレ具合もなんとなく臨場感が出てしまう仕組みなんですかね。
育児ノイローゼの域を超えてしまって、精神を病んでく姿がもう
同じ女性として、子を産んだことがある母として、これは誰にでも
起こりうることかもしれないなあなんて思ってしまいました。

グロテスクなシーンに、ひぃー。。とか思いながらも、結局最後まで観てしまいました。

所々で流れるKOTOKOが歌うシーンは、情感たっぷりで
そこだけ歌手Coccoに戻っていたような。

それでも唯一の救いは、息子が元気に育っていてくれたことかな。

それにしても、久しぶりにこんな重い映画見たかも。

Coccoは最近は絵本作家になったとか。
彼女のことは、これからも気になる存在だと思います。
プロフィール

luna

Author:luna
仕事、ドラマ鑑賞、家事、友人とのつきあい…の毎日です。のんびり、まったりなブログです~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR